ヒルトン

【随時更新】ヒルトンでの部屋のアップグレード履歴を公開!!

今回は、これまでヒルトンのゴールド・ダイヤモンド会員で享受できた「部屋のアップグレード」について、実際に私が泊まった際の状況を、時系列でまとめてみました。

といっても、まだ10泊もしてないんですけどね現在33滞在目です(^^;

アップグレードの有無、泊まった時期などを記載しております。

ちなみに私は小心者なので自分からアップグレードについてスタッフに聞いたり催促していません(^^;

ですので、アップグレードは全てヒルトン側から提示されたものです。

ひょっとしたら、交渉すればもっとアップグレードされるかもしれませんね。

なお、この一覧は、新たにホテルに宿泊するたびに更新していく予定です。

ご興味のある方は、どうぞご覧ください。

目次

アップグレード一覧

一覧表を作成しました。まだまだ数は少ないですが、なんとなくホテルの特色が分かるような気がします。

日時ホテル会員ランクアップグレードの有無
2020年3月ヒルトン東京ベイダイヤモンド有り(ツインヒルトンパーク⇒ツインセレブリオパーク)
2020年3月ヒルトン東京ベイダイヤモンド有り(ツインヒルトンパーク⇒ツインセレブリオパーク)
2020年3月ヒルトン東京ベイダイヤモンド有り(ツインヒルトンパーク⇒ツインセレブリオパーク)
2020年2月ヒルトン東京お台場ダイヤモンド有り(ツインデラックス⇒ツインプレミアムデラックス)
2020年2月ヒルトン東京ベイダイヤモンド有り(ツインヒルトンパーク⇒ツインセレブリオパーク)
2019年12月ヒルトン東京ダイヤモンド有り(ツインヒルトン⇒ツインデラックス)
2019年12月ヒルトン東京ダイヤモンド無し(ツインヒルトン⇒キングヒルトン)
2019年11月ヒルトン東京ベイダイヤモンド有り(ツインヒルトンパーク⇒ツインセレブリオパーク)
2019年11月ヒルトン東京お台場ダイヤモンド有り(ツインヒルトン⇒ツインスーペリア)
2019年11月ヒルトン東京ダイヤモンド有り(ツインヒルトン⇒ツインプレミアム)
2019年10月ヒルトン東京お台場ダイヤモンド有り(ツインヒルトン⇒ツインエグゼクティブ)
2019年9月ヒルトン東京お台場ダイヤモンド有り(ツインヒルトン⇒ツインスーペリア)
2019年9月ヒルトン福岡シーホークダイヤモンド有り(ツインヒルトン⇒ツインプレミアム)
2019年8月ヒルトン東京ダイヤモンド有り(キングヒルトン⇒ツインプレミアム)
2019年7月ヒルトン東京ベイダイヤモンド有り(ツインヒルトンオーシャン⇒ツインセレブリオオーシャン)
2019年6月ヒルトン東京ベイダイヤモンド有り(ツインヒルトンパーク⇒ツインセレブリオパーク)
2019年5月コンラッド東京ダイヤモンド無し(シティコーナースイート)
2019年1月ヒルトン東京ベイダイヤモンド有り(ツインヒルトンオーシャン⇒ツインセレブリオオーシャン)
2018年10月ヒルトン東京お台場ダイヤモンド有り(ツインヒルトン⇒ツインスーペリア)
2018年10月ヒルトン東京ダイヤモンド有り(ツインヒルトン⇒ツインプレミアム)
2018年5月ヒルトン東京ベイダイヤモンド有り(ツインヒルトンパーク⇒ツインセレブリオパーク)
2018年5月旧軽井沢KIKYOダイヤモンド有り(ツインスーペリア⇒ツインコートヤードデラックス)
2018年3月ヒルトン東京ベイダイヤモンド無し(セレブリオセレクト×2)
2018年2月ヒルトン東京お台場ダイヤモンド有り(キングヒルトン⇒キングデラックス)
2018年1月ヒルトン東京ベイダイヤモンド無し(キングセレブリオ)
2018年1月ヒルトン東京お台場ダイヤモンド有り(キングヒルトン⇒キングスーペリア)
2018年1月ヒルトン東京お台場ダイヤモンド有り(キングヒルトン⇒キングスーペリア)
2017年12月ヒルトン大阪ダイヤモンド無し(キングEXE×2、ツインEXEスイート)
2017年12月ヒルトン東京お台場ダイヤモンド有り(キングヒルトン⇒キングスーペリア)
2017年12月ヒルトン東京お台場ダイヤモンド有り(キングヒルトン⇒キングスーペリア)
2017年11月ヒルトン東京ダイヤモンド有り(キングヒルトン⇒ツインEXE)
2017年9月ヒルトン福岡シーホークゴールド有り(キングEXE⇒キングEXEスイート)
2017年6月ヒルトン東京お台場ゴールド無し(キングEXE)

以下では、それぞれ個別に見ていきます。

No.33 2020年3月中旬のヒルトン東京ベイ

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:ツインヒルトンパーク
  • 確定部屋:ツインセレブリオパーク

前回から1週間後の訪問です。

アップグレードについては、例のごとく(略

今回はカクテルタイムからお邪魔できました。

セレブリオラウンジは閉鎖されており、「シルバ」でのカクテルタイムでした。

ザ・スクエア内では、ディナー時は「シルバ」しか料理の提供を行っていないので、実質的にザ・スクエア全体がラウンジみたいな感じです。

ラウンジスペースに、ソフトクリームのマシンが置いてありました。

コーヒーとソフトクリームのコンボは最強でした(^^

No.32 2020年3月初旬のヒルトン東京ベイ

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:ツインヒルトンパーク
  • 確定部屋:ツインセレブリオパーク

前回から5日後の訪問です。

アップグレードについては例のごとくセレブリオまででした。

夜遅くに到着したため、カクテルタイムの状況は不明です。

朝食は、いつもどおり、ザ・スクエアでのビュッフェ形式です。

ですが、規模は縮小されていました。

例えば、ごはんの場合、いつもなら大きなおひつに入っているのですが、普段セレブリオラウンジで使用しているような炊飯器がおいてあり、定期的にスタッフさんがご飯を補充していました。

また、新型コロナウイルス対策として、以下の看板が置いてありました。

マスクをした数人のスタッフさんが料理台近くにいて、「お取りしましょうか?」と声をかけてくれました。

ウィルスが気になる方にはとてもありがたいですね。

 

セレブリオラウンジは3月1日から閉鎖されています。

先日は、アチェンドがラウンジ代わりになっていたのですが、今回はアチェンドは完全に閉鎖され、「シルバ」の周辺がラウンジとなっていました。

ソフトドリンクは、ファミレスやネカフェのドリンクバーのようなマシンで提供するスタイルになっていました。

フレッシュジュースが飲めないのはちょっと残念ですが、ウィルスのことを考えるとこのほうがいいのかもしれませんね。

No.31 2020年3月頭のヒルトン東京ベイ

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:ツインヒルトンパーク
  • 確定部屋:ツインセレブリオパーク

3月頭の訪問です。

アップグレードについては、いつも通りのセレブリオです。

ディズニーランドが休園しているためか、非常に閑散としていました。

スタッフの方いわく、平日は約800の部屋に対し、約80部屋ほどしか埋まっておらず、1割程度の稼働率しかないとのこと。

ディズニーが休園するとの発表から3日ほどで約2000件のキャンセルが出たとのことです。

東日本大震災の時よりもひどいかもしれないとおっしゃってました。

宿泊者が激減したこともあってか、3月1日からは、館内のいくつかの施設が営業を取りやめていました。

セレブリオラウンジも閉鎖されており、その代わりに、ザ・スクエア内に専用スペースが設けられていました。

ザ・スクエア内の地中海料理「アチェンド」を休業し、その一部をセレブリオラウンジ代わりに使用していました。

カクテルタイム時は、ワンプレートの料理と、トルティーヤチップスとサルサソースでした。

トルティーヤチップスは、おかわりが可能でした。

ワンプレートの料理はどれもとても美味しく、食べてみると意外とボリュームもあってとても満足しました。

お酒等のドリンク類はいつも通りセルフサービスでした。

3月13日まではラウンジは閉鎖されているようです。

 

朝食会場は、いつも通り、ザ・スクエア内にあるフォレストガーデンでした。

通常であれば、アチェンド側も利用していたのですが、今回はフォレストガーデンのみでした。

それでも、やはり閑散としていました(^^;

 

なお、3月13日までは館内施設のいくつかが休業したり、時間帯を絞って営業していたりするようです。

詳細は公式サイトをご覧ください。

ちなみにホテル内のディズニーファンタジー(ディズニーグッズのショップ)も、3月15日まで閉店とのことでミッキーマウスもお休みしていました。

No.30 2020年2月のヒルトン東京お台場

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:ツインデラックス
  • 確定部屋:ツインプレミアムデラックス

2月下旬の訪問です。

2019年11月のセールで予約したのですが、安くとれたのがデラックスルームでした。

いつもならヒルトンルームなのですが、今回はデラックスルームからどの程度アップグレードされるのかが楽しみでした。

結果としては、2段階アップのプレミアムデラックスルームでした。

上層階のレインボーブリッジ側ですが、部屋の中からはレインボーブリッジは見ることができません。

ベランダに出れば見るとこができます。

お台場もオリンピック仕様になってますね(^^

ちなみに夜はこんなかんじ。

五輪が光っています。

この日のラウンジでのカクテルタイムは通常営業でした。

ケバブ美味しかったです(^^

新型コロナウイルス対策として、除菌用アルコールのボトルが酒置き場の脇に置いてありました。

スタッフの方々もマスク姿で、ウイルス対策に余念がない感じでした。

ちなみに、3月6日時点では、新型コロナウイルス対策のため、エグゼクティブラウンジでは提供方法が変更され、ティータイム、カクテルタイムともにワンプレートでの提供とのことです。(いつまでかはわかりません。)

そのほか、いくつかのお店で営業時間等が変更になっています。

詳細は、公式サイトを参照ください。

お台場のホテルなら【ヒルトン東京お台場】
あわせて読みたい
お台場のホテルなら【ヒルトン東京お台場】
https://www.hiltonodaiba.jp/news/detail/3589
ヒルトン東京お台場のオフィシャルホームページです。東京、お台場での宿泊、レストラン、ウエディング、宴会にはヒルトン東京お台場をご利用ください。

No.29 2020年2月のヒルトン東京ベイ

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:ツインヒルトンパーク
  • 確定部屋:ツインセレブリオパーク

久しぶりのヒルトン東京ベイです。

ここのアップグレードは安定してますね(^^

いつものごとく、セレブリオまでアップグレードしてくれました。

レイトチェックアウトは15時まで可能とのことでしたので、かなりゆっくり過ごすことができました。

チェックインの時間が16時くらいだったためかラウンジはあまり混雑していませんでしたが、カクテルタイム時間帯はかなり混雑していました。

(パーク側の部屋からの眺め)

ディズニーランドとオフィシャルホテル間では工事が着々と進んでいます。

2020年4月15日にオープンする、美女と野獣をテーマにしたエリアであるニューファンタジーランドの様子を、部屋の中からちらっと見ることができました。

赤〇で囲った部分がお城です。

どんなエリアになるのかちょっと楽しみですね(^^

No.28 2019年12月のヒルトン東京

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:ツインヒルトン
  • 確定部屋:ツインデラックス

12月中旬の宿泊です。

前日のアプリ上では、エグゼクティブが提示されていた気がしたのですが、当日行ってみると、やはりというかなんというか、デラックスへの一段階どまりでした。

ちょっとこの日の部屋はいまいちで、コネクティングルームだったせいか、コネクティング用の扉の向こう(隣の部屋)の声が丸聞こえでした。

景色もいまいちで、正直ハズレでしたね(^^;

ヒルトン東京はアップグレードに関してはあまり期待できないですね。

No.27 2019年12月のヒルトン東京

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:ツインヒルトン
  • 確定部屋:キングヒルトン(??)

1か月ぶりのヒルトン東京です。

16時くらいにチェックインのためにエグゼクティブラウンジへ。

結構混雑していて、1時間後くらいにチェックインが完了したため、そのままラウンジで仕事をしながらカクテルタイムまで時間をつぶし、カクテルタイム終了までラウンジにいました。

チェックインに時間を費やしたのと、アップグレードできなかったお詫びということで、チョコレートかワインをいただけるということで、赤ワインをいただくことにしました。

カクテルタイムが終わり部屋に行くと、荷物と先ほどの赤ワインとが部屋に運ばれていました。

部屋を眺めると、何となく違和感が・・・

ツインヒルトンで予約したはずが、ベッドが一台だけ。

キングヒルトンになっていたのです。

正直なところ、どっちでもよかったのですが、なぜキングになっていたのかが気になったので、電話で聞いてみることに。

最終的にエグゼクティブラウンジにつながったのですが、スタッフいわく

「申し訳ありません!!こちらの手違いです!!」

とのこと。

部屋自体は29階という比較的高層階で、景色も新宿公園側で良好で何の問題もなかったので、結局そのままの部屋になりました。

(ツインの部屋は29階よりも低いフロアになるとのことでした。)

個人的には、こうしてブログのネタにもなるのでかなり楽しい経験でした(^^

ですが、これが男性2人の宿泊で起きていたと想定するとちょっとぞっとしますよね(^^;

今後はこんなことのないようにしていただきたいものです。

No.26 2019年11月のヒルトン東京ベイ

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:ツインヒルトンパーク
  • 確定部屋:ツインセレブリオパーク

久しぶりのヒルトン東京ベイです。

雰囲気はクリスマス一色でした。

この時期に東京ベイに来たのは初めてな気がします。

いろいろとクリスマス仕様になっていてとても楽しかったです。

アップグレードについては、いつものとおり、セレブリオまででした。

セレブリオラウンジでいつものようにカクテルタイムを満喫していたのですが、今回初めて見るビールサーバ(?)が置いてありました。

ジョッキの底からビールを注ぐというなかなか斬新なマシンで、見ていて面白かったです。

スタッフの方いわく、サーバを置いてから缶のごみが減ったのが良かったとのこと。

環境問題もきちんと考えているところがヒルトンの良いところかもしれませんね。

No.25 2019年11月のヒルトン東京お台場

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:ツインヒルトン
  • 確定部屋:ツインスーペリア

1か月ぶりのお台場です。

この時期のお台場はそこまで混雑しているというわけではありませんでした。

アップグレードについては、前回、喫煙フロアでしたので、それを避けるべくアプリで事前にチェックして、そのままチェックインしました。

アップグレードについては、当日アプリ上で提示されていたものをそのまま受け入れる感じでした。

2020年1月には、全室禁煙化されるので、それまでは事前にアプリ上でチェックインしようと考えています。(行くかはわかりませんが(^^;)

相変わらず、景色は素晴らしかったです。(^^

No.24 2019年11月のヒルトン東京

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:ツインヒルトン
  • 確定部屋:ツインプレミアム

三連休の中日から最終日にかけての宿泊です。

15時ごろのアフターヌーンティータイムごろは、そこそこ混雑していました。

ただ、Livingゾーンは解放されておらず、SkyscraperゾーンとNature & Parkゾーンの2つのエリアだけでしたので、大混雑というわけではないようです。

チェックイン時に案内された部屋は、当初予約していたツインヒルトンルームよりアップグレードされて、ツインプレミアムルームでした。

ツインプレミアムルームは、前回も宿泊したのですが、景色はいまいちで部屋としては普通なのですが、深めのバスタブがついていて、のんびりとお風呂につかることができるのがいいところです。

実は、前日アプリ上で予約の確認をしていたら、「ツインエグゼクティブ」と表示されていたので、エグゼクティブルームにアップグレードされるのかなと期待していたのですが、実際は、プレミアムルームどまりでした。

前日の段階でチェックインしておけば、ひょっとしたらエグゼクティブルームだったのかもしれません(^^;

とはいえ、前日に部屋を決定してしまうのは何となく気が引けるんですよね。。。

No.23 2019年10月のヒルトン東京お台場

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:ツインヒルトン
  • 確定部屋:ツインエグゼクティブ

休前日に宿泊しました。

15時過ぎにチェックインしたのですが、エグゼクティブラウンジはそこそこにぎわっていました。

珍しく(?)男性スタッフが多かったです。

何度か宿泊してみて、ここのラウンジスタッフは、対応の仕方にばらつきがあるように感じました。

ざっくりとした説明しかせず、レイトチェックアウトについて聞いてこないものの、顔をしっかり覚えていて、ラウンジに行くと顔パスで通してくれるスタッフ

最初の説明はすごく丁寧にしてくれるものの、顔は覚えず毎回部屋番号を聞いてくるスタッフ

などなど

とはいえ、皆さん最低限しっかりされているので問題ないんですけどね(^^

肝心な部屋のアップグレードというと、今回はツインエグゼクティブまでアップグレードしてくれました。

これまでは、スーペリアどまりだったのですが、まさかのエグゼクティブです。

ただ、なぜか喫煙フロアでした。

部屋全体を消臭しているとのことでしたが、気になるようなら部屋を変えてくれるとのことでした。

実際、部屋に行くと、若干たばこ臭は残っていましたが、何とか耐えられるレベルだったので変更せずでした。

気になったのは、部屋よりもむしろ廊下です。

喫煙フロアの廊下はエレベータを降りた瞬間からたばこ臭い感じがしました。

2020年1月8日から全客室が禁煙となるそうですが、きれいさっぱり臭いがしなくなるなんてことはないでしょうね(^^;

エグゼクティブルームだけあって景色は素晴らしかったです。

レインボーブリッジに東京タワー、スカイツリーを一度にまとめてみることができます。

景色に関しては、日本のヒルトンの中でピカイチかもしれませんね(^^

No.22 2019年9月のヒルトン東京お台場

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:ツインヒルトン
  • 確定部屋:ツインスーペリア

実は1年弱ぶりくらいの訪問です。

首都圏のヒルトンだと、ヒルトン東京ベイが気に入っているので行くことが多かったのですが、東京ベイがあまり空きがなく高かったのに対して、お台場のほうが空きが多く安かったので行ってきました。

チェックイン時のラウンジは比較的すいていました。

案の定、カクテルタイム時も人は少なく非常に快適でした♪

案内された部屋は、いつものように(?)スーペリアルームでした。

なかなかエグゼクティブにはアップグレードされないですね(^^;

もうワンランク上のプレミアムよりはスーペリアのほうが景色が良い(と思う)ので、スーペリアでも十分なんですけどね(^^

No.21 2019年9月のヒルトン福岡シーホーク

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:ツインヒルトン
  • 確定部屋:ツインプレミアム

2年ぶりのヒルトン福岡シーホークでした。

前回宿泊したときは、会員ランクはゴールドで、エグゼクティブフロアに宿泊したのですが、まさかのスイートへのアップグレードでした。

そのため、ダイヤモンドとなった今回はかなり期待していったのですが、エグゼクティブフロアでもなく残念な結果でした(^^;

ただ、思っていた部屋とは少し変わった雰囲気のお部屋でした。

船の形の先端近くです。

広さはあまり広くないですが、悪い部屋ではありませんでした。

外側に面する面積が広いので開放感があるお部屋でした。

最近のアップグレードの様子をみていると、アップグレードはしてくれるものの、アップ幅は依然と比べて小さくなっているような気がしますね(^^;

No.20 2019年8月のヒルトン東京

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:キングヒルトン
  • 確定部屋:ツインプレミアム

ひさびさのヒルトン東京です。

金曜から土曜にかけての宿泊で、ラウンジがリニューアルされてから初めての宿泊でした。

HPCJ経由の申し込みで総額約28,000円でした。

アップグレードについては、2段階ほどでしょうか。

キングの部屋では、1段階上のデラックスルームしかなかったのですが、ツインであればプレミアムルームが空いているとのことでそちらを選択しました。

プレミアムルームは、トイレとお風呂が分かれているので日本人には人気が高い部屋のようです。

リニューアルされたラウンジにも行ってきました。

新設されたLivingゾーンを利用してみました。

朝食、カクテルタイムどちらもこのLivingゾーンを利用したのですが、このエリアは料理の品数がメインのエリア(受付のあるエリア)と比較して、やや少なめで、わざわざ他のエリアまで取りに行かなければならないのが若干の手間でした(^^;

個人的に残念だったのは、泡が朝食時間帯に置いてなかったことです。

とはいえ、常にビールは置いてあるので、それだけでも十分でした(^^

ちなみにこのLivingゾーンは、朝食が終了する10時からチェックイン時間帯前(混雑時間帯以外)は閉鎖しているようです。

No.19 2019年7月のヒルトン東京ベイ

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:ツインヒルトンオーシャン
  • 確定部屋:ツインセレブリオオーシャン

3連休の中日から最終日にかけての宿泊です。

4日前くらいにHPCJ経由で予約しました。

3連休にもかかわらず約20000円ほどだったので比較的リーズナブルに泊まれたのではないかと思います。

アップグレードはいつものとおりセレブリオまでです。

15時ごろにラウンジでチェックインしたのですが、チェックイン待ちが3組ほど。

ラウンジは少し混雑していました。

チェックインの時間帯にラウンジが比較的混雑していたので、カクテルタイムも混むのではないかと思い、少し早めにラウンジに行ったのですが、開始時間(17:30)直後はあまり混雑していませんでした。

ところが18時過ぎごろからどんどん混雑し、ラウンジに入れずに待つ人も出てきました。

ラウンジ入り口のチェックインやチェックアウトをするカウンターもテーブルとして利用していました。

やはりチェックイン時に混雑していたらカクテルタイム時は早めにラウンジに行くのが正解ですね。

この日のカクテルタイムでは、私の好きな「わさびドレッシング」のサラダがありました(^^

日によってメニューが違うのか、季節によってメニューが違うのかはちょっとわからないので、機会があれば連泊してチェックしてみようかと思います。

No.18 2019年6月のヒルトン東京ベイ

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:ツインヒルトンパーク
  • 確定部屋:ツインセレブリオパーク

日曜から月曜にかけての宿泊です。

アップグレードはいつものようにセレブリオまでです。

数日前の時点ですでにセレブリオになっていました。

日曜なので(?)ホテルはかなり混んでました。

ラウンジでいつものようにチェックインしたのですが、14時頃にもかかわらず、ラウンジはかなりの賑わいでした。

なのでカクテルタイム時も混雑していました。

ラウンジに入れずに部屋で待つ人もいるくらいでした。

最近気づいたのですが、チェックインの時のラウンジの混み具合がそのままカクテルタイム時の混み具合に反映されている感じですね。

チェックインの時に混雑しているなと感じたら、カクテルタイム時は、開始時間より少し早めにラウンジに行かれることをお勧めします。

No.17 2019年5月のコンラッド東京

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:シティコーナースイート
  • 確定部屋:シティコーナースイート

ゴールデンウィークの最終日前日から最終日にかけて宿泊してきました。

さすがに連休中だったのでアップグレードは無理でした(^^;

とはいえゴールデンウィーク中であり、コンラッドのスイートルームであるにもかかわらず比較的リーズナブルに泊まることができました。

34,800円に税金等を加算すると、合計43,622円でした。

ここから、HPCJの5,000円割引券を使用し、後日アメックスからのキャッシュバックが7,000円あったので、実際には31,622円で泊まった計算になります。

アメックスのキャッシュバックはおまけとして、HPCJはヒルトン宿泊には欠かせない存在ですね(^^

連休中だったので、ホテル自体は大混雑。

チェックインするのに11組待ちという状況でかなりの時間がかかりました。

カクテルタイムもスタート時間前に入っていないとラウンジに入れないという状況でした。

ちなみに部屋は・・・

かなり広くて快適でした(^^

No.16 2019年1月のヒルトン東京ベイ

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:ツインヒルトンオーシャン
  • 確定部屋:ツインセレブリオオーシャン

無性に行きたくなって、宿泊前日から当日にかけての夜中2時ごろに予約を取りました(^^;

HPCJ(ヒルトンプレミアムクラブジャパン)の会員に先日なったので利用してみました。

予約したのは「部屋のみ」のほうです。

税込みで約2万円ほどでした。

ちなみにHPCJではない場合の価格は下のような感じです。

(いつもはスマホアプリから予約するので、通常での価格のスクショはスマホでとっていました。)

5000円ほどお得に泊まれました(^^

さらにHPCJ入会時にもらった5000円クーポンを利用したので、実際に支払ったのは15000円ほどでした♪

当日泊まった部屋が・・・

ツインセレブリオにアップグレードしてくれました。

(当日の朝の時点でアプリ上でもツインセレブリオになっていました。)

富士山が見える景色のいいお部屋でした(^^

 

No.15 2018年10月のヒルトン東京お台場

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:ツインヒルトン
  • 確定部屋:ツインスーペリア

今回はポイント宿泊を利用しました。

近くで友人たちとバーベキューをする予定が入っていたので、せっかくだから泊まろうということになりました。

土日の宿泊ということもあり値段は4万を超えて高かったので、たまっていたポイントを利用することに。

ツインヒルトンルームは60,000ポイントで予約が可能でした。

アップグレードによりツインスーペリアルームになりました。

ちなみにツインスーペリアをポイント宿泊しようとすると、155,000ポイントが必要になります。

なんかかなり得した気分ですね(^^;

ポイント宿泊なのでかかる費用はゼロです。

ただ、今回は車で行ったので、駐車場代はかかりました。

宿泊者は駐車場代が「1,600円」です。

チェックインの際に、駐車場の利用があるかどうかを聞かれ、利用がある場合は、宿泊者用のチケットをくれます。

滞在中に車で外出したい場合に利用でき、外出から戻るたびにスタッフに言えばおそらく再度もらうことができると思われます。(私はまだそのような使い方をしたことがないため、正確なところはわからないので、スタッフにお尋ねください。)

チェックアウト時に駐車料金を支払うことになります。

ちなみに、ヒルトン東京お台場の駐車場代は以下のようになります。

通常利用最初の1時間1,600円、以降30分につき800円
宿泊者1泊につき1,600円(最大4,800円まで)
レストラン・バーの利用者利用金額3,000円以上で2時間、10,000円以上で4時間の優待
宴会婚礼の出席者要問合せ

30分800円・・・

かなり高いです。

我が家の近所のスーパーなど基本3時間くらいまで無料、1日最大で600円とかなのに・・・

宿泊以外で利用するつもりはありません(^^;

宿泊者の1泊あたり1,600円というのが、入庫から24時間という時間的な縛りがあるのかどうかがよくわからなかったので聞いてみたところ、時間的な制約としては、チェックアウトから約1時間後くらいまでというだけなので、前日早めに入っていて、24時間以上経過していても、問題ないということでした。

実際に、前日は11時前にヒルトンの駐車場に入庫して、近所でバーベキューをし、翌日は、レイトチェックアウトで13時過ぎくらいに出庫したので、26時間くらい停めていましたが、宿泊者用のチケットを利用すると追加の支払いなく出ることができました。

ちなみに普通に払うと、約4万円です。

もう一泊できちゃう値段ですよね(^^;

という感じで、新たな発見があった宿泊になりました。

ちなみに、この土日のエグゼクティブラウンジは、結構すいてました(^^

 

No.14 2018年10月のヒルトン東京

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:ツインヒルトン
  • 確定部屋:ツインプレミアム

約1年ぶりのヒルトン東京でした。

土日月と3連休だったのですが、その中日である日曜に宿泊しました。

突然泊まりたい衝動にかられ、予約したのは宿泊前日の土曜日という強行スケジュールでした(^^;

日曜はあちこち移動する用事があり、結局ホテルに着いたのは夕方17時くらいでした。

部屋は当日朝の時点でツインプレミアムにアップグレードされていました。

実際に行って用意されたのもツインプレミアムでした。

当日の料金をスクショしてます。

アップグレードにより約5,000円ほど得しました(^^

実際は、この日はポイントを併用して宿泊しました。

アメックスのキャンペーン(7000円オフ)を受けるためです。

12000ポイント+約36000円でした。

レイトチェックアウト可能かどうかを聞いてみたら、13時半までなら可能ということで、それでお願いしました。

今回用意された部屋がこちら。

12階のお部屋でした。

いいお部屋でしたが、景色はいまいちでした(^^;

チェックインの際にラウンジで「朝食として限定の和定食を選択できる」と案内を受けました。

前回宿泊の際にも同じような案内を受けたのですが、その時はレストランでのブッフェに行ったので、今回は「和定食」を食べることにしました。

で、その和定食がこちら

3段重ねのお重に入っています。

正直なところ、味はいまいち。

ブッフェで提供される和惣菜を詰めなおした感じのものばかりで、和食にあまりなじみのない人に向けて、ちょっと演出しているような感じ。

日本人向けじゃない感じでした。

味噌汁も煮詰まった感じで残念でした(^^;

でもお米は美味しかったです(^^

とはいえ、個人的には次からは頼みません。

という感じで、前回とは違った経験だったのでそれはそれで楽しめました。

No.13 2018年5月のヒルトン東京ベイ

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:ツインヒルトンパーク
  • 確定部屋:ツインセレブリオパーク

この日は、一番安いヒルトンルームの予約だったのですが、セレブリオまでアップグレードしてくれました。

やはりセレブリオセレクト以上へのアップグレードはなかったので、これ以上のアップグレードは望めないのかもしれませんね。(個人的にはこれで十分です。)

この日のセレブリオラウンジは、天気が悪いせいもあって、ほぼ満席でした。天気が悪い日は、早い段階でパークから引き上げてくる方が多いので、ラウンジも比較的混雑するとのことでした。

No.12 2018年5月の旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:ツインスーペリア
  • 確定部屋:ツインコートヤードデラックス(2段階アップ)

できたばかりのKYUKARUIZAWA KIKYOに行ってきました。

チェックイン時にウェルカムシャンパンをいただきました。

ポメリーのスプリングタイムという春限定のシャンパンをいただきました。

シャンパンにあわせて軽井沢きなりのくるみなど3種をいただきました。

地元のお菓子などを出してくるあたりがかなりおしゃれな感じですね。

この日は部屋のアップグレードがあり、

「コートヤードデラックス」

という中庭に面しているお部屋に通されました。

スーペリアより2ランクほどランクアップしたお部屋で、広さもスーペリアに比べたら大分広くなっています。

部屋の詳細等は別途まとめたいと思います。

部屋からは中庭が望めます。

バルコニーにはテーブルとイスがあるので、中庭を眺めながらゆったりとお茶したりお酒を飲んだりできます。

【ヒルトン】旧軽井沢KIKYO(KYUKARUIZAWA KIKYO)宿泊記~前編:部屋の様子など軽井沢にオープンしたヒルトングループのひとつである 「KYUKARUIZAWA KIKYO Curio Collection by...
【ヒルトン】旧軽井沢KIKYO(KYUKARUIZAWA KIKYO)宿泊記~後編:ラウンジ・朝食など前回に引き続き「KYUKARUIZAWA KIKYO Curio Collection by HILTON」宿泊記です。 今回は、...

No.11 2018年3月のヒルトン東京ベイ

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:セレブリオセレクト(パーク)
  • 確定部屋:セレブリオセレクト(パーク)

関西から来た両親、妹、おい(2歳)を連れてヒルトン東京ベイへ。

私たち夫婦はどの部屋でもセレブリオラウンジに入れるのですが、関西から来た家族は入れないので、今回は、「セレブリオセレクト(パーク側)」を2部屋とりました。

チェックインの際に、スタッフの方から、

ダイヤモンド特典の朝食は2人分しかつかないので、本来ならレストランで全員(大人5人+2歳児)で朝食を食べる場合には、さらに3人分の料金が必要になるのですが、ダイヤモンド会員としてのアップグレードができなかったかわりに、無料で3人分の朝食をお付けします。2歳のお子様の分はお金はかかりません。

といわれました。

もともとセレブリオセレクトを予約した時点でアップグレードは期待していなかったので、思わぬ形でダイヤモンド会員のメリットを享受できました。

セレブリオセレクトの部屋はこんな感じ。

セレブリオに似てますが、ちょっと違いますね。

セレブリオセレクトは冷蔵庫のソフトドリンクを自由に飲んでいいとのことですが・・・

中に入っていたのはコーラ2本とファンタ1本とミネラルウォーターが2本。

ミネラルウォーターはオナーズ会員特典だと思います。

子供がいる部屋のアメニティとしては・・・

子供用の歯ブラシ等が洗面台においてあったのと・・・

子供用の寝具がおいてありました。

あらかじめ予約時に伝えておいたのが良かったんだと思います。

こちらに泊まったのは2度目でしたが、やはりヒルトン東京ベイは良いホテルだと感じました。

No.10 2018年2月のヒルトン東京お台場

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:キングヒルトンゲストルーム
  • 確定部屋:キングデラックスルーム(1段階アップ)

2月最初の土日です。

いつものように、エグゼクティブラウンジでチェックイン。

15時少し前に到着したのですが、ラウンジはガラガラでした。

肝心のアップグレードはありました。

アプリで確認していたのですが、前日の時点ですでにデラックスルームへのアップグレードは確定していました。

で、提示されたのは、「デラックスルーム」でした。

もうちょっとアップグレードしてくれるかなぁと期待したんですけどね(^^;

これまで何度か宿泊してきましたが、ダイヤモンド会員でもせいぜいスーペリアどまりなので、ヒルトン東京お台場のアップグレードについてはあまり期待できそうもないですね・・・

まぁ、でもお台場に来た感は味わえる部屋だったのでよかったです(^^

ちなみにラウンジの込み具合はというと・・・

比較的空いていました。

全席が埋まることはなく、7割がた埋まっているという感じでした。

No.9 2018年1月のヒルトン東京ベイ

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:キングセレブリオルーム
  • 確定部屋:キングセレブリオルーム

前日の時点でアプリをチェックしてみたのですが、セレブリオからアップグレードはされていませんでした。

当日期待しつつセレブリオラウンジでチェックインしたのですが、アップグレードのお話はありませんでした。

ただ当日行ってみて驚いたのは、ダイヤモンド会員特典として「駐車料金が無料」になるということです。

かなりお得ですよね(^^

ホテル自体はかなり込んでましたが、セレブリオラウンジはどの時間も比較的空いてました。

ラウンジのスタッフさんはとてもホスピタリティあふれる方々ばかりでとても好感が持てました。

何度も宿泊された方でもセレブリオ以上にアップグレードされた経験はないとの情報も。

セレブリオとセレブリオセレクトとの間には大きな隔たりがあるのですかね(^_^;)

No.8 2018年1月のヒルトン東京お台場

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:キングヒルトンルーム
  • 確定部屋:キングスーペリアデラックスルーム(2段階アップ)

この日は、めちゃくちゃ空いてました(^^

前回の大混雑がうそのようで、土曜日にもかかわらずティータイムはがらがらでした。

アップグレードに関しては、これまで同様スーペリアデラックス(5F)でした。

肝心のカクテルタイムも、前回とうってかわってがらがらでした。

No.7 2018年1月のヒルトン東京お台場

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:キングヒルトンルーム
  • 確定部屋:キングスーペリアデラックスルーム(2段階アップ)

この日は3連休の中日だったので大混雑でした。

エグゼクティブラウンジはティータイム前の時点でほぼ席が埋まっていました。

部屋は、前回と同じスーペリアデラックスで、しかも同じ「727」でした。

肝心のカクテルタイムは、開始30分以上前に行ったのですが、すでに待ち時間が発生しており、結局は入れたのは、1時間以上待ったあとでした。

あまりに混雑していたためか、極寒のなか、テラス席まで開放していました。

テラス席への出入り口付近に座ったのですが、テラス席が開放されていたために、室内にもかかわらず、かなり寒かったです(^^;

No.6 2017年12月のヒルトン大阪

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:キングエグゼクティブ×2、ツインエグゼクティブスイート
  • 確定部屋:キングエグゼクティブ×2、ツインエグゼクティブスイート

この日は年末年始ということもあって、混雑していました。

アップグレードは特にありませんでしたが、アップグレードできないお詫びにと、各部屋に一本のジュースもしくはアルコールを無償で提供してくれました。

ということで、白ワインと赤ワインとジュースをいただきました。なぜか赤ワインは2本ありました。

そのほかにウェルカムデザートとフルーツをいただきました。

ヒルトン大阪のエグゼクティブラウンジですが、スタッフの方々はすごくホスピタリティあふれる方々ばかりでした。

ただドリンク等の提供に関してはちょっといまいちだと感じました。

カクテルタイムでのワインの提供が1本ずつなのでワイン行列ができてしまう点、コーヒーをスタッフに注文しなければならない点が個人的にはちょっと残念でした。

現在、改装中のようなので、今後リニューアルされてから機会があれば行きたいと思います。

No.5 2017年12月のヒルトン東京お台場

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:キングヒルトンルーム
  • 確定部屋:キングスーペリアデラックスルーム(2段階アップ)

部屋のアップグレードに関しては前回と同じ状況でしたが、今回は7階でした。

部屋は「727」でしたが、この部屋のベッドは普通のキングサイズよりも大きいサイズでした。

エグゼクティブラウンジは、この日も比較的混雑していました。前回の混雑状況を考慮して、カクテルタイムの1時間前ぐらいにはエグゼクティブラウンジでくつろいでいましたが、案の定、カクテルタイムの時間には、そこそこ混雑していました。

ちょうどこの日は土曜日だったので、お台場では花火が打ちあがりました。毎年12月の土曜日には、お台場では花火が上がるようです。

No.4 2017年12月のヒルトン東京お台場

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:キングヒルトンルーム
  • 確定部屋:キングスーペリアデラックスルーム(2段階アップ)

今回はアプリ上で前日にうちにアップグレードされていました。

当日は、さらなるアップグレードを期待して行ったのですが、特にアップグレードされることはありませんでした。

案内されたのは「スパフロア(5F)」のスーペリアデラックスでした。

ダイアモンド会員特典の「庵スパTOKYOの無料券」を利用するには非常に便利なフロアでした。

この日は混雑していて、カクテルタイムの開始時間(17:30)に行ったのですが、ラウンジに入るのに45分ほど部屋で待つことになりました。

No.3 2017年11月のヒルトン東京

  • 会員ランク:ダイヤモンド
  • 予約部屋:キングヒルトンルーム
  • 確定部屋:ツインエグゼクティブルーム(3段階アップ)

ダイヤモンド会員になって最初のヒルトンでした。

前日の時点でのアプリ上でのアップグレードはありませんでした。

当日はエグゼクティブラウンジでのチェックインだったのですが、スタッフの方から「ツインのエグゼクティブルームであればアップグレードできます」とのことでしたので二つ返事でお願いしました。

こちらのエグゼクティブラウンジは、他と違いいつでもお酒をいただけるというのが特徴で、酒飲みにはうれしいラウンジでした。

こちらのホテルのダイヤモンド会員特典は、1Fもしくは2Fにあるバーの「ワンドリンク券」です。

この日は2Fのバーで「モエ・エ・シャンドン(モエ・テ・シャンドン)」のグラス(2500円)をいただきました。

【宿泊記】ヒルトン東京のエグゼクティブラウンジは素晴らしかった!!【ダイヤ維持修行】今回は、2017年11月のヒルトン東京での宿泊記についてです。 ダイヤモンド会員となって初のヒルトンなのと、実はヒルトン東京に宿泊...

No.2 2017年9月のヒルトン福岡シーホーク

  • 会員ランク:ゴールド
  • 予約部屋:キングエグゼクティブ
  • 確定部屋:キングエグゼクティブスイート(1段階(?)アップ)

ヒルトン東京お台場の時には、アップグレードがなかったのであまり期待していなかったのですが、まさかのスイートにアップグレードされました。

隣のヤフオクドームでイベント等が何もなかったのでホテルは比較的すいていたように思います。

エグゼクティブラウンジ自体は33階ですが、カクテルタイムのみ34階を開放して広々と使っていました。

提供される料理はおいしいものが多く、私が行ったヒルトンの中では一番だと感じました。

【旅行記】どこかにマイルで福岡へ!!【ホテル編:ヒルトン福岡シーホークでアップグレード!!】 旅行から2ヶ月になりますが、ようやく書けました(^^; これまでの「ダイジェスト編」「観光編」「グルメ編」と順にお伝えして...

No.1 2017年6月のヒルトン東京お台場

  • 会員ランク:ゴールド
  • 予約部屋:キングエグゼクティブ
  • 確定部屋:キングエグゼクティブ(アップグレード無し)

もともとの予約がエグゼクティブルームだったので、あまりアップグレードを期待していませんでしたが、案の定アップグレードはありませんでした。

この日の混雑具合は・・・普通よりもやや多めという感じでしょうか。

エグゼクティブラウンジには普通に入れました。

【宿泊記】ヒルトン東京お台場に行ってきました♪こんばんは、モーリーです。 先月、ヒルトン東京お台場に行ってきました。 妻の誕生日ということもあり、どこかでゆっくりと過ごそ...

さいごに

アップグレードの状況などをまとめてみましたがいかがだったでしょうか。

泊まるごとに更新していきたいと思いますので、ときどき覗いてみていただけると幸いです。

今日も、最後までご覧いただきありがとうございました♪

 

ゴールド、ダイヤモンド会員にどのようになったかを知りたい方は以下の記事もどうぞ♪

【ヒルトン】ヒルトン・オナーズという会員制度について解説!!こんばんは、モーリーです。 前回は、ヒルトン東京お台場に宿泊した際の簡単な宿泊記を載せました。 https://beginn...
【ヒルトン】ヒルトン・オナーズVISAカードこんばんは、モーリーです。 今回は「ヒルトン・オナーズVISAカード」についてです。 ご興味ある方は、どうぞお読みくださいま...
ヒルトンのステータスマッチで出費を抑えてゴールド会員からダイヤモンド会員へ!?注意すべき点も!!【追記:2019年9月】ステータスマッチの条件が改訂され、だいぶ改悪されていますので、ご注意ください。 https://begin...
ABOUT ME
アバター
モーリー
航空会社のマイルの貯め方や、ホテルの上級会員のことなど、いろいろ書いていきます。2017年度にJGCを取得し、ステータスマッチでヒルトンのダイヤモンド会員になりました。最近は、アメックスのプラチナカードを取得したので、お得な使い方について模索中です。

POSTED COMMENT

  1. アバター eddy より:

    こんにちは。
    コメント失礼致しました。早速、ブックマークさせて頂きました。
    ダイヤモンドでもアップグレードが無い場合もあるのですね。
    今、私はゴールドで今年の夏、ダイヤを狙っているのですが、
    とても参考になりました。

    • アバター モーリー より:

      コメントありがとうございます。
      アップグレードの状況は、ホテルによっても時期によっても大きく異なりますね。
      今後も少しずつ情報を蓄積していて傾向などが見られたらなぁと思っています。
      ときどき足を運んでいただけると幸いです。
      ダイヤ取得、応援してます(^^

  2. アバター むあ より:

    はじめまして!
    アップグレードを目当てにVISAゴールド会員になりました。
    ヒルトンオーナー専用レーンのあるフロント、朝食会場はなかなか良いです。

    先月、東京ベイを予約しましたが、やはりヒルトンルームを予約しましたが、セレブリオルームまででしした。
    実はヒルトンのアプリの使い方がよくわからなくて、使ってませんでした。
    フロントでチェックインするまでどの部屋にアップグレードされてるか分かりませんでした。
    フロントの方は得意げな顔で、アップグレードしておりますって言ってくれましたが、ラウンジの使える部屋じゃなかったから、次リベンジするために、
    再来週もう一度宿泊する事になってますから、最初からセレブリオルーム(ヒルトンの割引セールで、一番安い部屋との差が1000円でした。)を予約してます。
    次はアプリで自分の好きな部屋を選ぼうと思ってます。

    今後も参考にさせて頂きます。
    またの更新を楽しみにしてます。

    • アバター モーリー より:

      むあさん、コメントありがとうございます。
      東京ベイでは、セレブリオまでだったようですね。
      私もセレブリオどまりでセレブリオセレクトまではアップグレードされていません。
      ただ、セレブリオルームでの予約はほとんど経験がないので、そこからのアップグレードについてはまだ不確かな部分が多いです。
      よろしければ、アップグレード状況を教えてください。
      セレブリオセレクトまでのアップグレード期待してます(^^

  3. アバター むあ より:

    連絡が遅くなり申し訳ないです。
    セレブリオで予約したら、セレブリオにしかなりませんでした。
    アプリでは前日の夕方に11階(最上階)の部屋を4部屋選べましたが、ここでもセレブリオセレクトは選べませんでした。
    少しの望みをかけて、翌日そのままチェックインしましたが、セレブリオのままでした。
    セレクトの部屋は有料になるんでよと断られました。
    でも、アップグレードがないならラウンジを使わせてほしいとリクエストしましたが、だめでした。
    そこで、実は2泊するつもりで、連泊にしないで個別に翌日も予約してました。
    そちらはわざとヒルトンルームで予約してました。
    そのことをチェックアウトまじかに伝えたら、2日目はすんなり同じ高層階の部屋へアップグレードしますって言ってくれました。
    そこですかさず、2日目はレイトチェックアウトもいらないから、1日目だけでもラウンジを使わせてほしいとリクエストしましたが、あっさり断られました。
    ま、あきらめようとしたとき、幸運の女神が降りました。
    実は、いろいろリクエストしすぎてチェックインも時間がかかってしまって、申し訳ないからと1日目だけ、特別にラウンジ利用の許可を得ました。
    と言うことで翌日の朝食まで許されました。

    あとから思ったのですが、安い部屋でもヒルトンVISAプラチナカードを取得してラウンジ利用をしようと思ったけど、年に3回くらいしかヒルトンを利用しないので、ヒルトンプレミアムクラブジャパンに入って、最初からセレブリオセレクトを予約したほうが、私には得策だったと後悔してます。
    今後はどうなるかはわかりませんが、いろいろネットを徘徊して情報集めをしていきます。
    また更新を楽しみにしてます。
    では、

    • アバター モーリー より:

      むあさん、コメントありがとうございます。
      返信が遅くなって申し訳ありませんでした。
      セレブリオでの予約でもセレブリオセレクトまでのアップグレードはなかなか厳しいようですね。
      とはいえ、状況次第ではラウンジの利用くらいは可能になるという情報は非常に貴重です。
      貴重な情報ありがとうございました。
      新しい情報が得られたらコメントいただけると助かります。
      これからも定期的に更新していきますので、また見に来てくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください